So-net無料ブログ作成
検索選択
すぐやろう! ブログトップ

LISMOポートに入っている音楽を、MP3に変換!めも [すぐやろう!]

やってみたいことはすぐやろう[exclamation×2]なんでもすぐやれば、引き寄せられる[パンチ]

ま、ちょっと自分のめもとして、LISMOで縛られどうにもならなかった音楽ファイルをMP3に変換して、
自由に出来る方法を実践してみたので書いておきます。

まず、PCで、 LISMO Port を起動して、「ミュージック&ビデオ」をクリックします。
ツール → x-アプリ for LISMO 設定 → 左一覧から、ファイルの保存場所 (参照をクリックすると分かりやすく確認できます)で 変換した曲が保存されているフォルダの場所を確認し、
覚えておきます。 OKで終了して、LISMO も終了します。

ATRACを変換してMP3形式にすると、windows media playerで再生すことができます。
なので次に変換を行う作業をします。
MP3CONVERSIONTOOL.EXE をダウンロードして起動してください。
http://esupport.sony.com/US/perl/swu-download.pl?upd_id=2971&ULA=YES&SMB=YES
「変換元の設定」で、さきほどの LISMO Port に変換した曲が保存されているフォルダの場所を指定します。
一番上のフォルダだけ指定すれば、サブフォルダは自動的に検索してくれます。
次の画面で保存先など必要なものを指定して、開始します。

曲数が多と、何時間というような単位の時間がかかるかもしれません。
変換が終了したら、結果を確認して、終了です。
LISMOでダウンロードした音楽ファイルは残念ながら変換できません。

最後に、Windows Media Player を立ち上げ、ライブラリ→ライブラリに追加→監視するフォルダを選択
で、ライブラリに音楽データが表示されて完了です。
私の場合、いくつかLISMOからうまく変換されていないアルバムがあったので、
いま再確認中。

でも、これでじつはituneのでーたも一緒に取り込めたりするので、
私は、まとめてアンドロイドスマホで、doubleTwistという音楽プレイヤーアプリを使って、
自由になったLSIMOの音楽データをたのしんでます!




すぐやろう! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。